自分を充実させる [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

よく、恋愛を頑張ってる期間は、恋愛に時間をかけるのではなく自分を充実させる事、男の事は後回しにするってあるけど。その意味がわかったぞ。

自分を自分で充実させられない人は、他人からのアクションに頼るようになる。
他人が望む自分になろうとしてしまう。

そう言う時に男に惚れると、男を喜ばせる事が、男から求められる事に寄ってしまう。
男は悲しいかな、そういう弱味にとことん付け込んで、責任なくセックスする事にチャレンジしてくる、チャレンジできそうだと思われたらチャレンジされてしまうのだ。

友達が次から次へと手を出されているが、それを見ていて気が付いた。
頭がいいね~とか変わってるね~とか言われて喜んで、心をあけてしまってはいけないのだ。心をあけるには、態度をみなければ。
刺激不足だとすぐ開けてしまうんだ。

自分を充実させるには、趣味やらなんやらあるけど、やっぱり仕事だな。成果が出たら自分を自分で認められる。

何を軸に生きるのか [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

その軸が他人から折られると、人は心がやられる。
軸が甘いと、すぐ折れる。
太くて、隙のない軸もあるのではと思う。

昨日、仕事関係のお出掛けで、繁華街のあるお店の前で人を待っていたのだけど、その場所が何年も前にデートで歩いた場所だったのに気が付いた。
あの時こんな話をしたなって、思い出した1つ。

大人男性向けの映画館みたいのがあって、それについての話を男が脈絡なく私にチラッとしたんだけど、あれって世間話ではなくて、やりもく的誘いだったのではないのかなと。
今なら、こいつぶっ飛ばすぞって気が付くんだけど...昔はそう言う事言われても、会話の1つとしか理解していなかったな...。
鈍感恐ろしい。そして、今ならこっちから誘うくらいの余裕あるけどね。

時間を侵略されない [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

私が個人で仕事をするようになったのは、周りの後押しというか自分では対応できない色んな事が積み重なった時、たまたま一番近くにあったというかそれしか選択できなかった結果なのだけど。

弱っていて、藁をもつかんだのが個人という環境という不思議。
動き出した当初に考えていた事は、時間を自由にしたいってことで、だいたい希望通りではある。

たまたま人と今日テキストチャットしていて、仕事について聞かれ、相手も同じ個人で、自由にできていいですよねって言われたのを「そうですね時間が自由なのが良いですね」と返したら「時間を自由にしたくて個人になったのですか」と問われた。

それで、どうだったかと色々おもいだしては書いて消してしてたんだけど。
私のいまの環境はどのように時間を作るか、縛られないかに集中することで維持できているという事に気が付いた。
私はそこしか見ていないのかもしれない。

時間を侵略されないように意識している。
これが私の今の生活の中心。

違う視点で自分を見れたときってちょっとした感動がある。
前のエントリに書いた、時間についてにもつながるなと思う。

結論は無いのだけど。
そういう風に自分の生活が成り立っていたって事と、私にとって自由な時間ってすごく大事なんじゃないかって事。

きっかけは色々あったし、理由は1つではないと思うけど。
その中でも大きなのは、他人とのかかわりをかなり遮断したせいではないかと。

人の相談にのり、人の問題ばかり解決して、自分を後回しにしてきた、ないがしろにしたことが多かったように思う。そういう被害者意識なだけかもしれないけど。

この人もあの人も要らないって、どんどん捨てて、連絡先も消して、仕事も減らして、時間だけはあるんだけど。

本当に人をざっくり消したのは2016年の頭からで、それまでも十分に時間はあったけど、それ以後の自分が自分に使えるようになった時間のほうが圧倒的だなと思う。

私の頭はいつも何かしら考えているので、いきなり停止して無の時間を作るには強制的に寝る必要があったかなと。
昔は、いまより圧倒的に寝てたけど、今は起きていて考えられる範囲が、ほぼ自分の事だけ。
あと多少の仕事。

正しいかどうかはわからないが、私のなかでは凄い発見であり、前向きな解釈なのだ。

大前研一の名言|人間が変わるための3つの方法
http://systemincome.com/20220

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。


これだな。

付き合う人を変えたら、時間配分が変わって、部屋が片付いた。
そういう相関性なのかな。
大前さん凄いな。

部屋が片付いた [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

2015年に色々ありまして、その9月ごろに一生懸命部屋を片付けていてまあまあ片付いたなと思ったのが、2016年にバージョンアップ?して、ああ人ってここまで片づけれるんだ、っていうところまできた。

イメージ的に、脳にクリティカルなダメージを追ってる人から男子学生の部屋かな。(片づけ上手な男子学生もいるだろうけど)

それが、2017年さらに!片付いた。
片づけ上手な男子学生の部屋に近づいたかなと。
オシャレではないが。

いま、もっと片づけたくてうずうずする。
押入れのなかとかいまの2/3くらいにはなりそうな気がしていて、出しっぱなしのスコップとか(大雪時の除雪用の...)も全部見えないところに入れられるのかなと。

こんなに片づけられるようになって、私これからどうなるのかなって考えたら、死ぬのかなって思った。
死ななきゃいいんだけど。

相変わらず [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

もう2017年なのかと。
私は何も変わっていないなと思う。

自分の課題として、自尊心を高めなければならないと思っている。
なぜ自分は自尊心が低いのかもわからないが。
人に尽くして、自分を認めてもらおうというスタンスになった流れが一体なんなのか。
原因についてはどうでもいいけど、原因を知らないと解決しないのかもしれないと思ったり。

2015年と比べるとずいぶん自尊心は高まった。
今の自分のままではいけないが、間違いなく成長はしているし、納得もある。

いや、ホント相変わらず、昔のままのいつもの私なのにさ。
成長してるって思うって不思議だよね...なんなんだろう。

最近 [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

ツイッターにいる。

生きづらさの解決 [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

恋愛を軸にして、生きづらさの解決をしてきた11か月。
色々解決してきたけど、人間関係を円滑に生きるには、私は不満を人に伝えなければいけないような気がする。
だいたい限界まで我慢して、嫌になる感じ。
私との付き合い方を人に教えるのは難しい。

私は、感情をあらわにしたみっともない罵り合いはしたくない。
特に心を開けてない人に対して。
感情をあらわに、挑まれれば挑まれるほど、嫌になる...。

でもな、何か動かないと今までの繰り返しなんだよな。

信じる、ポジティブ [ DEFAULT ]

| トラックバック(0)

昨日は、急に狙っていた出来事が発生して、今日の朝まで振り回されて終了しかけた。
でも絶対、絶対何とかなるって信じて、朝の6時過ぎに心が折れて帰ろうとしたら、電話があった。
私が帰った3分後にそれは来たらしい。
だから戻った。

嬉しかったな。
信じたら挽回できることもあるのだなと。
体制立て直し。

強く信じる事と、主体的でないと、得られるものも得られない。

最近のコメント

  • NOKKO: 金魚て…。 完全なタイプミスです。 とてつもなくダサいですね(笑)
    by:urei
  • NOKKO: 多分、人魚。 内田有紀主演のドラマ、時をかける少女を思い出すね。
    by:yuki
  • 疲れているのだとおもう: コメントありがとうございます!! やっぱり、男性もあるんですね。 私も泣き虫ですが。 こうやって涙が
    by:urei
  • 疲れているのだとおもう: 男だけど、そういうことは30過ぎるとよくあるな〜と思う。 人によるけど。もともと泣き虫だけど。
    by:yuki
  • なぜだろう: ぱふぱふ しかし、もちぐされています。
    by:urei
  • なぜだろう: な、なにー!?
    by:はらだ
  • 適当に...: そうそうw ショートカットの女の人、覚えてるかな?彼女からメールがきてて、あと1時間くらいいいかなー
    by:urei
  • 適当に...: やっぱり戻ったのかw
    by:meg
  • : コメントありがとー。 飽きてくれたらいいんだけどね…。 ストーカーは、確かに。 何人かに相談したとこ
    by:urei
  • : そういう人は、対象の人と連絡が全く取れなくなるとますます危なくなると思う。ストーカーと同じ。 アタシ
    by:meg

アイテム

  • QS_20151203-054302.png
  • QS_20151203-054216.png
  • QS_20151203-054106.png
  • QS_20151203-053648.png
  • QS_20151203-053525.png
  • QS_20151203-053408.png
  • QS_20151203-052947.png
  • QS_20151203-052635.png
  • QS_20151203-052444.png

カレンダー

<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ